東京スター銀行のおまとめローンはその名の通り、複数の借金をまとめてしまうというローンになります。もっと詳しく言うと、東京スター銀行のおまとめローンから、全てのローン残高の総額分を借り入れし、今まで借りていた複数の借金を完済するというものです。そして最終的には東京スター銀行のおまとめローンから借り入れした借金だけを返済していくということです。もちろん、借金の総額は変わりはありませんが、一本化することで、これまで複数の金融機関に返済していたのが1回で済むようになります。
たとえば、50万円以下の借金が複数あれば、少なくとも毎月金融機関ごとに1~2万円+利息を支払う事でしょう。仮に5本あれば5~10万円+利息となります。ですが一本化することで毎月3~4万円程度の返済で済むケースが多いのです。
ただ、一本化して毎月の返済額を減らすことで、返済期間は長くなってしまいます。そのため、返済額が多くてもしっかり返済できるのであれば一本化しなくてもいいかもしれません。ただそんな時でも一本化し、借入額が高くなれば金利が低くなるので、返済額はそれまでと同じ額を支払うようにすれば返済期間は変わらず、利息を減らすことができるのです。
ただ注意しなければいけないのは、東京スター銀行のおまとめローンを契約し、他のローンを完済したとしても、また別にキャッシングし始めるようでは、ますます借金は増えていくことになるので、完済したカードローンなどは解約して使えなくしてしまった方がいいでしょう。仮に万が一の時に取っておきたいという場合でも、東京スター銀行のおまとめローンは繰り返し利用できるので、しっかり返済していけばカードローンのように利用できます。少なくとも、借金が今以上に増えるという事はありません。

「東京スター銀行「のりかえローン」「おまとめローン」「不動産担保ローン」など

これまでは銀行と言えば、利用に関して敷居が高いイメージがありました。例えば、ローンなどを利用する際に非常に高収入であることを求められたことは日常茶飯事で、利用する顧客の層としては、一般企業で勤務しているサラリーマンが多かったものです。

 

しかし、サラリーマンに限らず、色々なライフスタイルの方に門戸を開いているのが、東京スター銀行です。東京スター銀行では、インターネットの活用を取り入れていたり、様々なローン商品を提供していたりと、ありとあらゆる魅力が存在します。当サイトではその東京スター銀行の商品のラインナップとその魅力を見ていきます。ただし銀行のカードローンなら、新生銀行のスマホで完結するレイクなんかもかなり使えますので、比較検討してみてください。

 

先述した通り、東京スター銀行では様々な商品が提供されていますが、中でも人気が高いと言われているのが、のりかえローン、おまとめローン、不動産担保ローンの3つです。もちろん、この3つの商品以外も高い人気がありますが、これらの商品が人気であるには、やはり何かしらの理由があります。

 

1つ目ののりかえローンについては、これまでよりも安い金利で利用できることです。2つ目のおまとめローンについては、現在ある借入を全て1つにまとめた上で返済ができることです。3つ目の不動産担保ローンについては、現在保有している不動産を担保にローンを利用するため、高い金額での融資の可能性もあることです。また、3つとも利用するお客様の要望をスタッフが聞いた上で申し込むことになるため、自分に合った利用が可能になるのもポイントです。

 

では、先述した商品以外はどうでしょうか。東京スター銀行のローンを利用する人の中には、教育費や車の購入代など、何かしらの目的があってローンを利用している人も居ます。また、ローンの利用のみならず、将来に備えたいと考えている方も居ます。そのような方にとっては、保険を契約してみたり、あるいは預金口座を活用してみることも1つの方法です。このように、様々なニーズに応えていることこそ、東京スター銀行の魅力と言って良いでしょう。

東京スター銀行の口座開設や金融商品の魅力 

・東京スター銀行の金融商品について
01-01 東京スター銀行とは
01-02 東京スター銀行の魅力
01-03 東京スター銀行の口座開設方法
01-04 どんな金融商品がある?
01-05 東京スター銀行のインターネットバンキングとは

 

・東京スター銀行ののりかえローンについて
02-01 のりかえローンの使い道
02-02 のりかえローンの金利
02-03 手続の手順
02-04 のりかえローンの概要
02-05 どれくらいまで融資可能?
02-06 のりかえローン体験談

 

・東京スター銀行のおまとめローンについて
03-01 どういった金融商品なの?
03-02 おまとめローンの金利はどれくらい?
03-03 おまとめローンの申し込み方法
03-04 おまとめローンの借り入れ条件
03-05 どれくらいまで借金をまとめられる?
03-06 おまとめローン体験談

 

・東京スター銀行の不動産担保ローンについて
04-01 スター不動産担保ローンとは
04-02 スター不動産担保ローンの金利
04-03 スター不動産担保ローン融資限度額
04-04 スター不動産担保ローンの融資期間 
04-05 どんな人が利用可能?
04-06 スター不動産担保ローン体験談

 

・東京スター銀行の金融商品いろいろ
05-01 即日融資が可能なローンは
05-02 専門学校に通う資金を借りたい
05-03 不妊治療の費用を借りたい

 

05-05 レーシックの費用を借りたい
05-06 カードを持ちたくない
05-07 アルバイトでも借りられる金融商品は

私はかつてポイントサイトで色々なキャッシュバックを受けていました。
特にキャッシングサービスを利用したときのリターンが大きくて、それで何社ものカード会社と契約をしてしまったのです。
それだけならカードを持っているだけなので問題はなかったのですが、いつでも気軽に借りられることから、アクセサリーやバッグなどの買い物でお金が足りないときに、ついつい使うようになってしまったのです。
そしていつの間にか借入額の管理が出来なくなり、ある日ようやく自分がキャッシングの借入限度額を銀行口座の預金のように利用していることに気づきました。

私は以前、お金持ちの彼氏と付き合っていました。
彼は裕福な女性しか認めないという性格で、私は彼をモノにしたくて、ブランド品を買いあさったのです。
最初はコツコツと貯めた貯金で購入していましたが、それでも追い付かず、ついにはカードローンに手を出し始めました。
そして彼と交際が始まってからも、彼の前では常にお嬢様を演じなくてはならず、毎回違うブランドの服を身に付け、バッグや時計もしょっちゅう新調していたのです。
ところが彼との交際はわずか半年で終了し、私に残ったのは多額の借金でした。

お金を複数の会社から借りたばかりの頃は、そこまで利子の事を考えていませんでした。
お金が足りなくてそこまで余裕を持って考えていなかったというのもあるのですが、その時に借りたお金を返済していく度に利子について考えてみる余裕も出てきました。
一体元金だけでなく利子だけで私はいくらくらい支払いをしているのだろうと思い、すべて計算を行ってみたのです。

カードローンはいつでも入り用なときに利用できて必要な資金を用意できる便利なものですが、あまりに便利すぎてそのリスクに気がつかなくなってしまう時があります。
4枚のカードを持っていて全ての限度額まで借り入れをしてしまえば、返済能力が追いつかなくなってしまいます。
一枚一枚の審査には通っているのだから大丈夫と甘い考えで借り入れをしているうちに、なんとなく生活が苦しくなってきたことに気づきました。
実は会社の業績が悪化して、給与が減らされたのですが、そうすると一気に返済がうまくできなくなってしまったのです。

元々クレジットカードなどに興味がなかったのですが、普通にポイントカードを作るよりも特典があったりした事があり作成をしていました。
しかし使い方がいまいち分からなかったのでそのままただ持っているという感じだったのですが、友達が飲み会の時に使っているのを見ました。
聞くと、「ポイントも貯まるし現金も持ち歩かなくて良いからいつも使っている。」
と教えてくれたのです。
なんだかその話を聞いたら友達が大人に見えて、私も利用するようになりました。

お金が出て行ってしまっていた時期があり、お給料だけでは足りずに複数の会社からお金を借りていた時期がありました。
少しギャンブルに近いようなものに利用をしてしまった時もあり、その額もトータルにすると100万円以上はありました。
毎月のように各社にお金の返済は滞らないように行ってたのですが、段々に苦しくなってきたのです。

今のクレジットカードには、キャッシング機能が付いているものが多いです。
お金を借りることができるので、カードローンとして利用できるわけです。
最初はキャッシング機能について知りませんでしたが、契約書類をじっくりと読んだときにショッピングとは別枠が設定されていることに気づきました。
ショッピング枠50万円、キャッシング枠30万円と別々の金額が記載されていたので、お金を借りられるとわかったのです。
キャッシング機能が付帯していることを知らずに契約してしまったようです。

カードローンはすでに10年前から利用しています。
はじめて借りたときの金利は27.2%と非常に高いものでした。
その後、グレーゾーン金利が廃止になって、20.0%の金利までしか認められなくなりました。
金利は18.0%まで下がったので、月々の支払いは非常に楽になりました。
しかし、利息が減ったので気が緩んでしまい、追加融資を繰り返すことになり、借金は200万円まで膨らんでしまいました。

カードローンは非常に便利なローンで、用途はまったく問われません。
僕が借りた大手銀行系のカードローンは、他社借入金の返済にも利用できるほどでした。
用途が幅広いのは嬉しいことですが、同時に借りすぎのリスクを抱えています。
最初はお小遣いが足りなくて、軽い気持ちで1万円を借りたのですが、あまりの便利さゆえにハマってしまい、数日置きに1万円を借りることになったのです。
お金を借りて実感したことは、返すのは大変だけど、ちょっと借りるとすぐに10万円、20万円と借入額が増えていくことです。
これ以上借りたらまずいと実感したころには、すでに30万円も借りていました。

多重債務には誰にでも陥る可能性があります。
僕が多重債務に陥ったのは、2社目のカードローンを利用したときでした。
はじめてカードローンを利用したとき、希望額を20万円に設定したのですが、10万円しか借りることができませんでした。
車検費用のために20万円借りたかったのですが、初回融資ということもあり、交渉しても20万円の融資はしてくれません。
そこで仕方なく、2社目に申し込んで10万円を借りたことがはじまりです。
借入額は2社合わせて20万円と少ないですが、これでも多重債務になってしまうのです。